カラーチャート

印刷会社に依頼してメニューブックを作成しよう

様々な用途で使えます

冊子

大量印刷がお得

中綴じ印刷は、紙を二つ折りにした中心の折り目部分を、ホチキスや針金で留めるものです。近年の印刷機は、印刷するだけでなく、製本された状態で仕上がるタイプもあるため、中綴じ印刷は非常にコストパフォーマンスに優れたタイプといえます。一般的には会社案内やカタログ、パンフレットのような法人で多く消費するようなものから、タウン誌やミニコミ誌のような配布物、同人誌など、様々な場面で利用されます。印刷を発注するとき、どうしても印刷代が気になりますが、コストを抑えるためには完全データの作成と大量印刷がポイントになります。印刷会社のガイドラインに沿って印刷するデータを作成することで版代やデザイン料を抑え、大量印刷をすることで1枚当たりの単価を安くすることができます。印刷したものを先のことまで見越して多めに発注するのが良いでしょう。

見開きの見やすさ

中綴じ印刷の特徴として、見開き部分がとても見やすい点が挙げられます。例えば無線綴じの場合、背の部分を糊付けしているため、厚めに固定されている分ページを開くとき綴じている部分が見にくくなります。ハードカバーなどでよく利用されるため、書籍や写真集などで一般的に利用される製本です。これに対して中綴じ印刷は、背の部分の厚みが無いためページを完全に開ききることができ、全体を満遍なく見ることが出来ます。中綴じ印刷をする場合、カラーの有無や紙の種類を選択することができるため、マットでやわらかな風合いの紙を使って、オシャレな写真集の制作が可能です。無線綴じの写真集は綴じている部分が見えづらい欠点がありましたが、見開きにしても見やすい中綴じ印刷の特徴を生かすことで、カジュアルな写真集を作るのにとても適しています。