カラーチャート

印刷会社に依頼してメニューブックを作成しよう

小物類を入れる時に便利

袋

ちょっとした小物類を販売する時に便利なのがOPP袋です。まずは簡単にOPP袋の説明を。OPPとは二方向延伸ポリプロピレンフィルムの略ですが、こう言われてすぐにピンとくる人の方が少ないのではないでしょうか。100円均一のお店で売られている商品が入っている透明のビニール袋と言ったら分かり易いかもしれません。このOPPは透明度が高くて表面にしわができにくく、その上で引っ張る力には弱いという特徴を持っています。このことからも分かるように綺麗に商品を陳列することができる上に、取り出しやすいという構造を持っているため商品を包装するための袋として根強い人気を誇っています。どんな袋に入れて販売するかによってその中身の商品の印象も大きく変わってきますから、それを考えるとこのOPPが人気なのは納得がいきます。

このOPP袋は大型量販店や文具店などで買うことができますが、なかに入れるもののサイズにより合ったものが欲しいという場合にはオーダーメイドで作ってもらうという方法もあります。オーダーメイドと聞くとかなりお金がかかってしまいそうな印象を受けますが、実際にはかなり安い値段で作ってもらうことができます。もちろん、オーダーをするOPP袋の枚数によって単価は微妙に変わってきますが、高く見積もっても1枚当たり5円もしない値段で作ってもらうことができるはずです。また、最近ではOPP袋を専門に取り扱うネット通販サイトなども現れてきましたからそういった業者さんを利用してみるのも賢い方法かもしれません。おそらくそのホームページに行ってみると自分たちが思っている以上にOPP袋に種類があることに驚かされると思います。ですから、必ずや自分好みの袋を見つけられることでしょう。